【痛みを治しながら丈夫な体をつくるスタジオ マロッズ】

「腰痛」は
治せる症状です

腰痛は、理由もなく偶然なるものではありません。慢性腰痛の人やギックリ腰を再発させる人には、必ず共通点があります。その共通点とは、無意識に腰を痛める姿勢や呼吸、動作を繰り返している事です。

自分自身が腰を痛めていることに気付き、それを一つ一つ改めていけば、腰痛は必ず治っていくのです。

痛みの原因は写らない

レントゲンやMRIの写真を見ながら、椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症・腰椎すべり症といった診断をされると、「腰が壊れているから痛いんだ」と思い込み、自信をなくしてしまうものです。

多くの医師は、写真に写し出された構造的な問題と症状を結びつけたがります。しかし、ヘルニアや骨の変形が原因となっている確率は15%未満です。

腰痛の85%は筋膜や腱、靭帯などの炎症が原因であるため、触診したり負荷をかけたりしないと、写真だけでは真の原因を特定することができないのです。

マロッズでは、画像検査だけでは捉えきれない問題を特定できるまで、さまざまな検査を行い腰痛の出口までサポートしています。

【どうやって腰痛を改善するのか】

マロッズの
腰痛改善メソッド

海外の研究機関で開発されたメソッドや最新のエビデンスを取り込みながら、医療とフィットネスを融合させたメディカルフィットネスを提供しています。

「姿勢」と「動作パターン」は、すべて脳がコントロールしています。 つまり、脳内のプログラム(ソフトフェア)を修正しない限り、カラダ(ハードウェア)だけ矯正しても問題の根本は変えられない、ということです。

カラダの痛みをなくすだけでなく、姿勢と動作パターンのエクササイズを徹底して、再発しないカラダに仕上げていきます。

【before & after】

施術前(左)と施術後(右)の写真

新規の方の検査方法

コンセプトの説明

トリガーポイントの治療

腰痛治療のアプローチ

以下の症状が該当する方は、是非お問い合わせください。

  • ぎっくり腰を何度も再発させている
  • 四十肩、五十肩で困っている
  • ヘルニアの手術を勧められて悩んでいる
  • 産前、産後の腰痛・股関節の痛み、尿漏れ
  • 膝や股関節の痛みや引っかかりで困っている
  • 運動を始めたいと思っているが、自分に合ったプログラムがわからない

【腰痛だったことを忘れる日が来る】

マロッズがお約束するゴール

「屈んで物を拾うときは常にぎっくり腰を恐れていたが、正しいフォームを教わってからその不安がなくなった」

「首の痛みで、もうゴルフはできないと諦めていたのに、今では飛距離を伸ばすことに夢中になっている」

このように、私たちがお約束するゴールは、患者さんを痛みやトラウマから解放して、好きなことに思いっきり打ち込めるようにすることです。

MEDIA

メディアの出演、執筆、掲載歴

テレビ出演歴

  • ミラクル・シェイプ (日テレ)
  • エチカの鏡(フジテレビ)
  • ホンマでっか!?TV(フジテレビ)
  • 笑っていいとも!(フジテレビ)
  • その原因Xにあり!(フジテレビ)

他、ニュースや情報番組に出演多数

ラジオ出演歴

  • 鈴木おさむの 48hours TokyoFM
  • 松任谷正隆 Dear partner Tokyo FM
  • 高橋みなみの「これから、何する?」Tokyo FM
  • 別所哲也 ohayo morning
  • ラジオNIKKEI

他、多数

新聞や雑誌の執筆、掲載歴

  • [新聞]産経、朝日、読売、日経新聞にて記事掲載。
  • [雑誌]クロワッサン、Very、STORY、men’s non-no、Uomo、ゴルフダイジェスト、女性自身、ターザン、日経ヘルス、IN RED、Numero、ゴルフToday、edu他

PRICE & TIME

料金と施術時間

ご都合の宜しい日時を
お選びください。

→ 料金と施術時間のページへ

Maro’s Staff

Maro’s 主宰 伊藤和磨

 私が、初めて歩けなくなるほどの腰痛を経験したのは、19歳のときでした。以来、1年に6回もギックリ腰を患い、右足の坐骨神経痛が悪化したことにより、21歳のときにプロサッカー選手としてのキャリアを終えました。
 第3〜5腰椎の椎間板は完全に潰れ、脊髄と神経根を圧迫しているので、疲労が溜まると神経症状が出ることもあります。それでも、現在は毎朝8Kmのランニング、ジムでのワークアウトやキックボクシングのレッスンを受けられるコンディションを維持します。
 どうすれば、壊れている腰を温存し、好きなことができるようになるのか。実際に長い間、腰痛と闘いながら共生し、乗り越えてきたからこそ、辿り着いた確かな答えがあります。どんな腰痛でも、必ず解決する道はあるのです。

Book

新刊発売のお知らせ

学校や病院、フィットネスジムでは教わることのない、効率的な身体の使い「型」を身につける為の本です。

私たちは、立ち型、歩き型や呼吸の仕方、椅子の座り型、持ち上げ型、屈み型など、誰かに教わることなくいつの間にか修得してきました。

しかし、それらは我流であるため、どうしても間違いやエラーが生じます。

その間違いやエラーを着実に見直していけば、痛みや機能不全の本質的な要因が改善されていきます。

椅子にきちんと座っていられない子どもたち、ヒールで膝を曲げて鳥のように歩く女性たち、腰を丸めて物を持ち上げる人たちなど、明らかに身体に悪い姿勢やフォームで暮らしている人が大半を占めています。

分かっていても姿勢が崩れたりおかしな歩き方になってしまうのは、筋力や柔軟性が不足しているせいだと考えがちですが、それだけではありません。

和装で床に座っていた時代の生活様式や身体技法の名残と、控えめで謙虚な日本人の精神文化なども色濃く影響しているのです。

普段着や家具などが、和式から洋式に置き換わってから80年ちかく経ちました。けれども、身体の使い型は、昔のままと言っても過言ではありません。

多くの人は、浮世絵や日本画に描かれている人物たちと同じく、常に膝を曲げて前傾姿勢で活動しています。身体の使い型もアップデートしていかなければ、様々な身体的トラブルに見舞われるリスクが高まります。

筋トレで筋力アップするだけでは、姿勢や動きの型は改善されないのです。

 

型なしのままで暮らしていることにプラスの要素はありません。一方、型を身につければ状況に応じて、型を破って適応することができます。

型は鍛えるものではなく磨いていくもの。

健康を維持するには、加齢と共に変化する身体の状態に応じて、まめに型を修正してエラーを修正していくことが肝要です。

 

やっているつもりorできているつもりの姿勢や動作を最適化すれば、しつこい痛みや不調が消えていき、これまでよりもずっと楽に身体を動かせるようになるはずです。

本書では、動き型やエクササイズ、セルフケアをすべて動画(61本)で解説しています。スマホをQRコードにかざすとYouTubeに飛ぶ仕組みになっています。

amazonで見る

OUR BLOG

読むと腰痛に効く
マロッズ便り

  • 新聞記事掲載

    先日、某新聞に記事が掲載されました。 担当してくれた記者は、真っすぐで風通しの良い青年でし......

  • 【深いため息は幸せの素】 昔から「ため息をつくと幸せが逃げていく」と言われてきましたが、正......

  • president online 掲載

    【椅子は座るのではなく腰掛けるもの】 椅子の奥に座ると必然的に骨盤が後ろに傾き、腰が丸まっ......