子供の足の矯正

 地元の専門家にインソールを製作してもらうなど、悪化させないための対策をしてきましたが、最近腰痛になってしまったそうです。  靭帯と腱が伸びきってしまうと、関節を適切な位置に保つことできないため、足部の矯正は非常に難しいのです。 1回の施術で、ある程度アライメントは回復させられましたが、この状態を維持させるには、精度の高いインソールと運動療法が不可欠。  頻繁に見てあげられないのが残念ですが、アイテムと運動療法を紹介して、少しでも足の健全性を保つことに役立てればと思います。

導入!

みなさん、こんにちは。 突然ですがこちらの写真、現在のスタジオの風景なのですが 今年1月の最初のブログ投稿の時から少し変わっています。 お気づきでしょうか・・・? 正解は、こちら。 歩行分析器を導入いたしました! 今月頭に設置・使い方のレクチャーを受けて、使用開始しております。 歩行と静止立位の測定が可能で、以前まで体重計を使って測っていた荷重バランスなども より詳しく、分かりやすく分析することが出来ます。 ご自身の歩行分析を楽しみにしていてください。            

うがい・手洗い・消毒

こんにちは。 コロナウイルスの影響で街を出歩きづらくなっている方もいらっしゃるかと思いますが、 みなさんお身体の調子はいかがでしょうか? マロッズでも、街の飲食店や小売店のように対策を行なっております。 ここ最近は聞き飽きているかもしれませんが、 【うがい・手洗い】 が、やはり最大の予防になります。手指消毒が出来れば尚良しですね。 洗面所に手洗いマニュアル(By株式会社ニイタカ)を貼りましたので、ぜひ見ながら洗ってみてください。 スタジオ内で使用する器具やベッド周りも、その都度のお取り替えやアルコール拭きを行なっています。 あとは何と言っても、日頃から免疫力を高めておきましょう。 睡眠・栄養・運動を基本とした管理と、 《無理なく、なるべく楽しく》過ごすことをおすすめいたします。  

困った時の行き先は、

こんにちは。 突然ですが皆さんは、自分の身体がつらくなった時や痛くなった時、まずどうしますか? ご近所の「整形外科」「接骨院」「治療院」「整体」などが頭に浮かぶ方も多いかと思います。 では、これらは何がどう違うのでしょうか?どう使い分ければいいのでしょうか? 新年に入ってセッション中にこういったお話をする機会が多くあったので、 今回少しご紹介してみようと思います。   【整形外科】は、文字通り外科の病院で、お医者さんが「診察」を行います。 問診・触診、必要に応じてレントゲンやMRI,CTなどの画像診断も行います。 ケガや病気の「診断」ができるのは医師免許を持つお医者さんだけです。 そのため他の機関では、確定診断を得るために整形外科の受診をお勧めすることもあります。   【接骨院】には柔道整復師という国家資格を持つ人がいて、 主には電気治療や手技療法などの「治療」を行います。 現在、接骨院での治療は保険診療の対象となることが多いです。 ※看板などで見かける「整骨院」「ほねつぎ」なども同じです。   【治療院】では、鍼灸師・あん摩マッサージ指圧師などの国家資格者が 「治療」を行なっていることが多く、治療は一部が保険診療の対象となります。   上記施設を名乗る上では、保有資格や設備などの厳密な決まりがあります。 それ以外で身体の痛みやつらさのケアを行なっている場所に関しては、 【整体】【ボディケア】【リラクゼーション】【コンディショニング】など、 それぞれ提供するサービスによっていろいろな名前が付けられていて 保険適応外のため価格も様々です。   たくさんご紹介しましたが、ポイントとしては、 ●病院は 「診断・薬の処方・手術」 を主に行う ●病院以外の施設では 「治療」や「改善のアプローチ」 を主に行う ●マロッズを含めその他の整体や治療院、接骨院などで、整形外科の受診をお勧めすることもある ●接骨院や鍼灸治療院では一部が保険診療の対象となる ●一般的な価格は、保険診療<保険外診療 ●保険外診療の良い点は、より個々の状態や希望に合わせたアプローチが受けられること   このあたりを押さえておくと、困った時の行き先選びのヒントになるかもしれません。 ご自身や周りの方が身体のことでお困りの時、参考にしてみてください。 もちろん、マロッズにご相談いただければ一緒に最善策を考えます!