20170105-Jornal Nikkey Shimbun p6 Samurai 16

腰痛持ちの賢い暮らし方 その2

【人生で最も痛い経験】

 昨年の8月、ひどい坐骨神経痛を19年ぶりに味わいました。左側の尻とすねの外側が、なにをしていても激しく痛み、夜も眠れないほどでした。ずっと犬に噛まれているような強烈な痛みです。

 若い頃から腰痛持ちで、10代のときに6回もギックリ腰を経験していますが、その頃の痛みと比較すると、今回の痛みの方が遥かに辛いものでした。

 どんな治療をしても改善しなかったのですが、1ヵ月くらいすると痛みと痺れは、徐々に消失していきました。
「もう、2度とあんな思いはしたくない」そう思っていたのに、それから1ヶ月も経たないうちに、再び悪夢が訪れたのです。

 8月の激痛よりも、さらに激しい痛みで、20メートルも歩くことができなくなりました。コンビニで支払いを済ませる間、痛みに耐えられずにしゃがんでしまうほどの痛みが、尻とすねの外側に拡がりました。

 就寝中、何度も痛みで目覚めてしまい、寝不足の日々でしたが「腰痛改善スペシャリスト」という肩書きを背負っていながら、腰痛で仕事を休むわけにもいかず、いつも通り腰痛で悩んでいる人たちの治療を継続していました。

 その月の下旬に、エジプトへ旅行に行くはずだったのですが、泣く泣く断念して、病院で20年ぶりにMRIを撮ることにしました。検査結果の画像を見たとき、これが自分の脊柱なのかと愕然としました。

 骨と関節が完全に変形し、脊髄と神経根が椎間板ヘルニアにより4カ所で圧迫されていたのです。画像から年齢を推測すると80歳くらいの状態です。

IMG_2846
正常な脊椎と椎間板

IMG_2835
椎間板の水分が抜けて黒ずみ、飛び出している私の椎間板

IMG_2836
同じく自分の画像。ヘルニアが脊髄を圧迫している様子がわかる。椎間板が極薄になっているため、すべり症に発展するリスクが高い。

 16年間、休まず毎日12時間患者の体を治療してきた結果、自分の体に何が起きていたのか、思い知らされた瞬間でした。そして、この先どうやって、この腰をもたせれば良いのかと考えました。(つづく)

白衣

解剖実習

 アリゾナ州フェインックスでの、5日間の解剖実習が終わりました。
衝撃的な体験の連続で、少し放心状態になっています。防腐処理していない献体だからこそ、様々なことを見て触れて確認することが出来ました。

最終日、脚が疲れてしゃがんだ時に、献体(おばーちゃん)の足の爪が目に留まりました。オレンジ色に塗られた爪をみて、「最期に塗ったのは、いつなんだろう。どんな気持ちで塗ったのかな」
そんな事が頭に浮かびました。歳をとってもお洒落を欠かさない粋な人だったのでしょう。

瞳孔が開いた目をみていると、かつては、この目でどんな景色や人々を見てきたのかと想像します。
全く違う環境で生まれ育った自分と、死後に対面して解剖されるという不思議な因縁についても、考えさせられた数日間でした。

夕焼け

大変貴重な学びの機会を与えて下さった8体のドナーに心から感謝。

マイヤー
アナトミートレインズの著者 トーマス氏と。

本

img_3286

今年最後のゲスト

img_3289

今年最後のゲスト。

年明け8日のカップ戦に出場する可能性ありとの事。子供を授かってから表情が柔和になった弟。
来年こそは、努力が報われますように。

何歳になっても身体の可能性は広がっていきます。

脳は楽しいことを好みます。
その欲求に応えれば、何歳でもネットワークは広がっていきます。

ネットワークの拡大は、若い頃に出来なかった事だって、可能にさせるのです。
反面、局所の動きにフォーカスした退屈な運動要求には反応を示しません。

彼の短期間での進歩は、筋力、柔軟性、持久力の変化よりも神経系の変化によるものです。そして、機能を向上させた最も大事な要因は、愉しんでいること。
好きなことを楽しみながら、動作全体のシステムをアップデートしていくことによって、多くの問題が解消されていきます。
生活にもリハビリにも、良質な遊びを。

14639878_1178778792206816_4904233973191393330_n

古巣

 20年ぶりに古巣ヴェルディ川崎OBたちとチャリティーマッチでプレーしましたREAD MORE

img_2348

恩返し

 今日は、16年前に「トレーナー」という職業に就く機会を与えてくれた、南青山のリビエラスポーツクラブで、スタッフの方々を対象にしたセミナーを開催しました。

img_2346

「いつか恩返しをしたい」という想いを胸に、今日までやってきましたが、漸く叶いました。いつ来ても懐かしい場所。
第1回目は、「姿勢測定➡️分析➡️パターン分け➡️姿勢矯正プログラムの実施」という流れでした。

 今後は、呼吸パターンの改善やコアコンディショニング、プライマルムーブメント、腰痛改善プログラムなどを、疼痛改善と機能向上を目的とした包括的なシステムを、リビエラスポーツクラブに根付かせられたら良いなと考えています。

 会員さんを対象にした腰痛教室も、12月から毎月開催する予定です。

img_2347

 報酬は、もちろん0です。
恩返しと新たなチャレンジの機会を与えて下さった、塚越トレーナーと福田副支配人に感謝致します。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

20年ぶりに

 昨日は、西が丘サッカー場で20年ぶりにGKのユニフォームに袖を通しました。

14359016_1136793883071974_4601884837866834547_n

 全くGKの練習などしてきませんでしたが、ウォームアップのシュート練習で体が勝手に反応して、それなりのフォームで動くことに驚きました。
何万回と繰り返した動作パターンが、20年間消去されることなく、脳と神経系に残っていたことを体感的に知ったとき、不思議な気持ちになりました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 ゴールマウスに立つと、まるで「自分の場所」に戻ってきたような感覚が沸いてきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 もう、このような機会はないと思いますが、気づきの多い、貴重な時間となりました。

フライデー20160901

本日発売の「FRYDAY」掲載

本日発売の「FRIDAY」のP74~75に、「腰痛になる姿勢」について紹介しています。
コンビニに寄ったついでにチェックしてみて下さい。

フライデー20160901_2

メダル

銀メダルの重さ

 元800メートル選手の横田真人氏のご紹介でご縁を頂いた、山縣亮太選手が400mリレーで見事に銀メダルを獲得。
長引く腰痛のために思うようなスタートダッシュがきれず、引退することも考えていた選手が、日本の陸上競技に新たな歴史を刻んだことに敬服しています。

多くの選手が怪我に泣かされて引退していきますが、彼はそれを跳ね除けました。
「人生は、最後の最後までわからない」。
元プロアスリートとして、そんな事を思わされる瞬間が山ほどありましたが、スランプに陥っていた当時の山縣選手を振り返ると、改めてそう思います。

とにかく、おめでとう!!

IMG_9611