Ron Haruska

アメリカのネブラスカ州にあるPRIの創設者 ロン・ハラスカ氏。最高峰の理学療法士。

神がかった能力は、今更語るまでもないが、これほど思慮と愛情深い人を自分は知らない。
もし、人生が二度あっても、彼との差を縮めることはできないが、言葉を交わせただけでも心から感謝したい。

2B1F0DBB-F168-4CCB-8213-2A376859718A

ラフォーレ

ラフォーレ原宿 セミナー

 昨日は、ラフォーレ原宿のショップ店員さんを対象にしたセミナー講師を務めました。
 会場は、ラフォーレの裏にある東京中央教会。

98BD1F55-EC3C-491D-AD58-D7CBBD844386

 座りっぱなしよりは立ちっぱなしの方が、体へのダメージは少ないと言われていますが、インヒールの厚底ブーツを履いて毎日6〜8時間も立っていたら、足腰へのストレスは自ずと高まります。

4D471D83-00C2-405B-B87C-7F054BD1435A

 踵からの感覚入力を高めてハムストリングスで骨盤を支える立ち方を身につけるには、スタンスとつま先の角度、膝の緩め方を身につける必要があります。
 記念撮影のように体を硬直させた状態を、良い姿勢だと認識している人が多いのですが、これは違います。

9D17A44C-378F-42D0-AE1C-2957D32F6776

 姿勢は構えであり、すぐに動き出せる準備が整っているのが良い姿勢なのです。
 万物が揺らいでいるのと同じように、人間もつねに一定の幅で揺れている方が、安心してリラックスできます。
だから、どんな体勢であってもリズミカルに体を揺らすことを心がけて頂きたいと思います。

  今回のセミナーでは、体に分布している「スイッチ」について、実践を交えながらレクチャーしました。
スイッチが入った時の変化に「おおっ!」「えー!」といった驚嘆の声が上がっていました。
 体を鍛えるよりも、使えるようにすること。
それが中枢神経系と脳の良いネットワークを強化することに繋がります。

A499B8C8-A390-4DAC-B848-0092FB6ABC20

先駆者

今日明日は、有明のTFTビルでトム・マイヤーズが講師を務める呼吸のセミナーを受講しています。

今さらトムの事を説明する必要はないが、アナトミートレインという概念を考案した、その人です。

一昨年、アリゾナの解剖実習に参加したとき、朝のワークショップでトムが言いました。
「近頃、同業者たちから、筋膜が流行っているね。さぞかし儲かっているんだろうと言われるんだが、冗談じゃない。私は誰も筋膜に注目していなかった1980年代中頃から、筋膜の研究を積み重ねてきたんだ」と。

先駆者の苦労が報われる確率は低いが、トムのように脚光を浴びて、努力が報われるケースも稀にあります。
彼の素晴らしい人柄と着眼点のセンスが、後押しする力になったのだと思います。

8DF18135-7498-4239-9078-458F50C78F5C

ところで、国内でも筋膜が話題になっているようで、クライアントさんから筋膜について、頻繁に尋ねられます。
「筋膜剥がしって、どうなの?」

癒着した筋膜を、シールのように簡単に剥がせるものなら苦労はしません。
癒着した筋膜には、脂肪組織も筋繊維に入り込んでいる場合もあり、そうなると筋を鉗子で牽引しても、ビクともしないのです。
表現の仕方は自由だが、誤解させるような言い方や表現が広まるのは、如何なものかと思います。

筋膜ダイエットなんてものまであるらしいが、ここまでくると笑えます。
金儲けしかアタマにない一部のメディアにのせられて、根拠がないことでも言ってしまう「専門家」も少なくない。
そういう連中は、流行り廃りの波にのまれて、早かれ遅かれ消えていくので、まぁいいか。

F5F5317F-D0CA-48F5-9331-CA5146317178

E01A4AC1-278F-4DC5-8C9F-B44BD7F6BD08

セミナーの御礼

第2回大人の体育 座り方を極める。
お集まり頂いた方々、ありがとうございました。盛り込み過ぎたと反省。
また、7月頃に開催する予定です。 次回は、lightにまとめます。

DDD72DE2-A0F8-4230-A044-79D6EB772809

2月10日開催 大人の体育「座り方を極まる」セミナー内容

2月10日に開催するセミナーの内容を告知致します。
テーマ 座り方を極める

【なにを変えるべきなのか】
・悪癖にきづくことから始まる
・癖を修正する脳のメカニズム
・癖を直すコツ 
            
【前回のお知らせ】
・姿勢のチェック法 グランディング 
・悪癖からの解放

【座りっぱなしの健康リスク】
・椅子の歴史とルーツ
・椅子選びのコツ
・座るまで、立つまでのフォーム
・理想の座り姿勢とは
・ニュートラルスパイン
・HFPのリスクと改善方法
・スマホと上手に付き合う
・かかしテストで歪みを知る
・股関節の畳み方
・理想のデスク環境づくり
・質疑応答

【セミナーの概要】
場所:千駄ヶ谷区民会館 第一会議室
   〒150-0001 東京都渋谷区神宮前1−1−10 
         TEL 03-3402-7854
日時:2月10日 13:00〜14:30 (12:50頃を目処にお越しください)
受講費:無料 
対象:どなたでも受講できます
定員:大きな広間を確保できましたので、定員はありません。
参加ご希望の方は、team@maros.jpに「第2回セミナー受講希望」と題し、お名前・ご連絡先をお送りください。もしくは、03-3711-9775まで、お電話をください。
当日の飛び込み参加も受けつけますが、12:50までに会場にお越しください。

9418197C-2786-48F0-A434-52F2A8DB43DB

カタチから

2月10日に開催するセミナー会場に、プロジェクターが無いらしいので、プロジェクターとスクリーンを購入しました。

なんでも形から入ってモチベーションをつくるタイプ。

参加してくれた方に、強いインパクトを与えるべく、直感に訴える内容にしたいと思います。

【座り方を極める】
2月10日(土)13:0014:30
千駄ヶ谷区民会館 第1会議室
参加費無料
当日の飛び込み参加OK。

DDD72DE2-A0F8-4230-A044-79D6EB772809

【第2回緩くて濃いオトナの体育】セミナー会場のお知らせ

【第2回緩くて濃いオトナの体育】
セミナーの開催場所と時間が確定しましたので、お知らせ致します。

〈テーマ 座り方を極める〉
聴いたその瞬間から役立つこと、帰りの電車で直ぐに実践できる座り方・立ち上がり方・座ったままのストレッチ法などをご紹介します。

場所:千駄ヶ谷区民会館 第一会議室
   〒150-0001 東京都渋谷区神宮前1−1−10 
TEL 03-3402-7854
千駄ヶ谷区民会館

時間:13:00〜14:30 (12:50頃を目処にお越しください)
受講費:無料 
対象:どなたでも受講できます
定員:大きな広間を確保できましたので、定員はありません。
参加ご希望の方は、team@maros.jpに「第2回セミナー受講希望」と題し、お名前・ご連絡先をお送りください。
もしくは、03-3711-9775にお電話ください。
当日の飛び込み参加も受けつけますが、12:50までに会場にお越しください。

AC501518-51D9-4DDF-8F54-B4D811668613

今日と明日は、初台オペラシティでDNSのexercise course part2を受講。
なんでも回数をこなすと、理解と解釈が深まります。
前回、大阪で知ったことを、今回で人に教えられるレベルまで昇華させたいと思います。

D3923CDD-250A-4F6C-A236-302393920999

日経Health記事掲載

本日発売の日経HealthのP22〜23に、腰にかかる負担を減らす座り方を紹介しています。
座り方は、来年2月10日に開催する寺子屋のメインテーマです。

578AD442-AEE3-4413-B9D4-EBE21EBE9D8C

気をつけ姿勢の弊害

 私たち日本人は、物心がつく頃から礼儀・礼節を重んじるように躾されてきました。相手を敬う気持ちや従順であることを体現したカタチが、いわゆる気をつけ姿勢です。足を揃えた状態では、直ぐに動き出すことができません。つまり、これは服従姿勢でもあります。

 小中学校では、嫌というほど気をつけの姿勢をとらされます。
中学生のときに生徒会長を務めていたのですが、入学式や卒業式のリハーサルのときに、頭を少し動かしただけでも、体育教師から怒鳴られたり、ひっぱたかれたりしていました。完全な軍隊方式です。

 散々、堅苦しい思いをさせられましたが、日本特有の精神文化に対しては好意を思っています。
世界広しと言えども、日本人ほど謙虚でちゃんとしている国民は稀有です。

 この頃では、古来から継承されてきた精神性が、ズルズルと崩れつつありますが、日本人が日本人らしくあるために、どうか無くさないで欲しいと思います。

 一方で、気をつけ姿勢がもたらす体への悪影響について、ここで触れておきたいと思います。あまり語られることがないので。
私見の域を越えませんが、先進国のなかで日本人に肩こりや腰痛が多いのは、子供の頃から足を揃えて直立で立ったり、座ったりすることが、大きく影響していると考えています。

つまり、学校で習った良い姿勢と、体にとっての良い姿勢は、別物だということです。

 足を揃えてしまうと、体を支える面積が極端に小さくなるため、脳は体をかためて動きを抑えようとします。
実際に、足を閉じただけで膝が伸びきり、腰から首にかけての筋肉が緊張してかたくなります。
 体のどこかしらに問題を抱えている人は、例外なくスタンスが狭く、足を揃えてしまう癖があります。

試しに、足を揃えた状態で、両肩をすぼめて耳に近づけて下さい。
次に、足を腰幅に開いてから、同じように両肩をすぼめます。
どうでしょう?足を揃えると、肩が動かなくなってしまい、足幅を広くすると肩が動かしやすくなるのを実感するはずです。

気をつけ姿勢に象徴される胸を張った「優等生姿勢」は、骨盤が前傾して腰の筋肉が短縮するため、腰部の血行が減少して筋筋膜性の腰痛を起こします。

 また、腹部の筋肉が強制的に伸ばされた状態でかたまるため、腹腔の内圧を十分に高めることができず、腹部ー腰部が緩んでしまいます。いわば、コアがグニュグニュに緩んだ不安定になった状態です。
 腹部の筋肉が伸ばされた状態で屈んだり、物を持ち上げたりすると、ギックリ腰の発症リスクが跳ね上がります。
 
 肩を引いて胸を張った姿勢(優等生姿勢・軍人姿勢)は、下部胸郭が拡張して横隔膜が引っ張られた状態になります。
このままでは、呼吸の主働筋である横隔膜が伸縮することができず、その代償として、脳は上胸部 に空気を送って息を吸おうとします。

IMG_8039
◉つま先を揃えて過ごした後の胸郭

 この横隔膜を使わない上胸部 による呼吸では、息を吸うたびに頚肩部と腰部の筋肉に酷使されるため、慢性的な肩こりと腰痛を引き起こします。

IMG_8048
◉理想的なスタンスで呼吸をした後の胸郭

 では、どんなスタンスで立ったり、座ったりすれば良いのか、長くなってしまうので、次回に画像付きでお伝えします。
それまでは、足幅を広くするか、前後に開いて過ごすように心がけてみて下さい。