ヘルニア2月

椎間板ヘルニアの経過

3日前に信濃町にある某大学病院でMRIを撮ってきました。
嬉しい事に、11月に撮ったときよりも、椎間板ヘルニアは小さくなっていました。症状は、疲労が蓄積すると左脚の脛に軽い違和感が出る程度です。

ヘルニア11月
11月に撮影したときの画像

ヘルニア2月

2月22日の画像 ヘルニアが狭小化して、脊髄への圧が軽減されたように見える

 担当医師は、同大学病院の准教授ですが「なんでヘルニアが小さくなったのか分かりませんが、まあ、良い方向に向かっているということで安心しました。重たい物を持ったりしないで、現状の生活を維持する感じで過ごしてください」というコメント?意見?でした。

 「あのさ、偶然に小さくなったんじゃなくて、アタマ使ってヘルニアが改善するように努力してるんだよ」と言いたい。
  トータルで2時間かかって、診察時間は3分間。指一本カラダに触れることなく、何に気をつけているのか、どんな暮らし方に変えたのか、そんな事すら質問しない。

 病院の診察に対する思いは、新書「腰痛はアタマで治す」に書いたので、今更あれこれ言うつもりはありませんが、あれで診察したことになるんだから。。。敵いません。

 最近、テレビや雑誌で盛んに「85%の腰痛は原因がわからない」と言っているようですが、原因が分からない理由は、シンプルだと私は考えています。

 85%の腰痛症は、画像検査の結果には描出されない軟部組織の機能的な問題に原因があるからです。
 これらの問題は、実際に触診したり抵抗を加えたり、自動・他動で動かさないと原因が特定しにくいのです。
 少なとも、座る姿勢や歩行、下肢の機能、かがみ方や持ち上げ方などのフォームをチェックしなければ、本質的な原因はみえてきません。

「痛みがある場所に原因はない」
リハビリの父であるヤンダ博士の言葉に誠がある。

 腰痛症に限ったことではありませんが、運動器の問題に対して機能と構造の両方から切っていかなければ、100年経っても状況は改善しないでしょう。
 椅子に腰掛けたまま診断するってことは、車のボンネットを開けずにエンジンが故障している場所を言い当てるようなものです。

 機能面から問題を切れば、パンドラの箱を開けることになります。刻々と変化する動きを3次元で分析して解析する必要があるわけですから、静止した写真と睨めっこするのとはワケが違う。

 面倒でも困難でも、一生をかけてそこを追及することが、「専門家」と呼ばれる人たちの使命であり、人から尊敬される職業なのだと思います。 

 先進国のなかで日本の医療レベルは、制度的な問題や既得権者たちの利権を守るために歪められ、大幅に遅れているところが多々あります。
 保険制度に革命でも起こらない限り、腰痛症に対する療法は、これからも進歩しないのかも知れません。

 立場が異なると景色も事情も変わるので、医師にしか分からない事や悩みも沢山あると思います。

 けれども、ベルトコンベアー式の診察という悪しき慣習から抜け出せないままだとしたら、医師としての信頼感と説得力を十分に活かしきれず、とても勿体ないことだと思います。

例えば、下記のテストを実施した場合の所要時間は4〜5分ですが、これだけでも腰痛症の原因を特定するのに、重要な情報が得られます。

1.姿勢検査 2分 (前額面と矢状面で、それぞれ4パターンに振り分ける)
2.座り姿勢のチェック 30秒
3.下肢の可動性チェック 30秒
4.しゃがみ方、屈み方のチェック 30秒
5.荷重バランス5秒 (2つの体重計で計測)

 医師が行わなくても、PTが隣で計測すれば診察時間は延びないはず。

 患者の中には「医者に行っても治してくれない」と勘違いしている方もいますが、医者は診る事が第一の仕事であって、治すのは自分自身です。

 医師には、「結果」ではなく「原因」を丁寧に説明し、何に気を付けていれば予後の悪化を防げるのかを、アドバイスする責務があると思います。

  兎にも角にも、数分の診察時間であっても、双方にとって有意義な時間になるように、もうちょっと工夫して頂きたいと強く願います。

youtsuu

ギックリ腰のメカニズム

 17日の番組で紹介する「利き尻」とは、座ったときにより多く荷重する側の尻のことを指しています。
「利き尻」は、視聴者にイメージしてもらいやすくするための「造語」であり、医学用語ではありませんので予めご了承ください。

 さて、本話ではギックリ腰のメカニズムについて、より詳しく補足説明をしたいと思います。
骨盤が後方に傾いて腰が丸まった状態を「腰がオフ」と呼びます。
腰がオフのときは、腰椎の椎間関節(ついかんかんせつ)の隙間が離れてしまっているため、骨と骨による「安全ストッパー」が外れた無防備な状態になります。
この状態では、急に動き出したり、動作を切り替えたときに関節が過度に動いてしまい、ギックリ腰が発生するリスクが高まります。

 腹筋や背筋を鍛えていても、関節の安全ストッパーが外れていたら、ギックリ腰のリスクは抑えられないのです。
実際、100kg以上のバーベルを何回も挙上できるアスリートでさえ、1kgにも満たない物を持ち上げようとしたときに、ギックリ腰をやってしまうケースがよくあります。これも、腰がオフになったままで屈んだためです。

IMG_3828

IMG_3830

「なんで机の上のコップに手を伸ばしたくらいでギックリ腰になるの?」、「床に落ちた物を拾おうとして屈んだらビキツ!となった」
ギックリ腰を患った人たちは、みんな不思議そうに言います。
 腰がオンになって椎間関節が安定した状態でなければ、くしゃみや咳、洗顔、靴下を履くだけの動作でもやってしまうのです。。
 
多くのデスクワーカーが腰を丸めた姿勢で、毎日何時間も座っていますが、これは椎間板を変形させ、脊柱に付着する靭帯と筋膜にダメージを蓄積させます。
知らないうちに、「腰痛の苗」を成長させてしまっている人が殆ど、ある日のある動作を契機に腰痛を自覚し、そのまま慢性化のコースを辿っています。

 では、どうすればギックリ腰や慢性腰痛にならずに済むのか。
それは、骨盤を立てて腰がオン(腰に緩やかな反り)になっている姿勢を、少しでも長く保つことです。
 この状態は、腰の安全ストッパーが効いているため、そうそう簡単には腰椎の関節がズレることはなく、ギックリ腰にもなりません。

IMG_3826

IMG_3829

 因みに、屈むときやしゃがむとき、それから骨盤を回旋させるときは、下の画像が示すように、大腿骨の骨頭(ボール)のうえを寛骨臼(ソケット)が回転するのが理想です。

IMG_3839

 しかしながら、加齢や座りっぱなしの生活、片側の脚に荷重して休む癖などによって、股関節に付着する筋肉が短縮・硬化すると、大腿骨の上を寛骨が回転する動きが制限されてしまい、腰椎を過剰に丸めて屈もうとします。中年以降になると、ほとんど骨盤の前方回転がなくなって、腰椎だけを屈曲させるようになるのが一般的です。
 これが腰を痛める原因であり、ギックリ腰を再発させる元になるのです。

IMG_3840

 (屈むときは椎間板と棘上・棘間靭帯へのストレスが増し、回旋のときは椎間板と半月板へのストレスが増大する)
 椎間板と半月板は兄弟で、お互い過度な圧縮力と捻れのストレスに対しては弱いため、足部と股関節の可動性が低下すると、両方とも損傷するリスクが高まります。

 腰を傷めずに暮らしていくためには、できるだけ腰をオンにした状態を保ち、動き出す前には必ず骨盤を立てて腰をオンにし、
臍下3㎝のあたりに少し引っ込めておくことです。

 下腹を引っ込めるか、オシッコを止める意識をするだけで、お腹のインナーコルセットである腹横筋が働いて、腰椎の過度なズレを防いでくれます。
また、動作をする前に「これから、屈むぞ」「これから、これを持ち上げるぞ」と、頭の中でイメージしておくと、腰椎を安定させるのに必要な分だけ、脳が腹部をかたくしてストレスに備えるのです。

 寝ぼけているときやイライラしているときに、ギックリ腰が発生しやすいのは、これから行う動作に対して腹部の準備ができていないからです。
上記のことを実践していけば、ギックリ腰を再発させることはなくなりますので、是非お試し下さい。