ヘルニア11月

切るか切らぬか

椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症と診断され、手術の日程が決定している方や術後に症状が再発してしまった方が、全国各地からいらっしゃいます。

MRI検査後に、飛び出た椎間板や変形した骨が神経を圧迫している画像を見せられると、「あぁ、神経に触れているから痛いんだ」なんて具合に、主訴と結びつけて捉えてしまいます。

MRIを設置した病院は、手術を受ける患者の数が著しく増える。あれを見ながら手術を勧められたら、仕方がないと思って首を縦に振ってしまうでしょう。

ほんとうの腰痛は、腰が痛むのではなく、脛から足首が激しく痛みます。

激痛で50mも歩けなくなると、1分でも早く手術して楽にしてくれと懇願したくなります。

 

私も2年前の坐骨神経痛で立てなくなったとき、病院でMRIの画像を見せられて「2度とバーベルを担いだり、持ち上げたりしない」と思ったし、「ヘルニアを切除すれば…この苦痛から解放されるんだ」とも考えました。

でも結局、切らずになんとか暮らせています。

 

でも、昔の腰の状態とは同じではありません。

ときどき、歩いていると左足全体が痺れてしまうこともあります。腰が悪いという事実を受け入れて、共存したいく覚悟をきめました。

セルフケアをしていれば、ランニングしたり泳いだりもできるが、腰に負担をかけるようなレベルの運動はしていません。

 

正常な腰椎と椎間板 

自分の腰椎と椎間板

 

どんなに辛くても、それが何年も変わらずに継続するケースは極めて稀だと言えます。

大抵は、2ヶ月経過すると、神経の炎症と腫脹が自然と治り、症状が緩和して腰のことを考えずに暮らせるようになっていくものです。

引火して爆発した花火のように、火薬がなくなるまで痛みは続くが、やがて消えていきます。

激痛で思考力が削られると、手術でなんとかしてもらいたいと考えてしまうものだが、術後のコンディションは想像しているほど快適なものではありません。

特に腰痛症は、病巣が軟部組織にある場合が多く、画像所見だけで手術に踏み切った場合、望んだ結果にならない確率が高いのです。

それは、19年間腰痛患者を診続けてきて痛切に思うことです。

病院側としては、手術した方が儲かるから手術を勧めてくるわけだが、患者の腰痛ライフをろくに調べることなく、機能テストも実施しないまま、よくぞ人様の体を切れるものだと感心します。

他人の痛みなら100年でも耐えられますから。

 

1ヶ月後         初診

 

上の画像は、椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛で来院されたときのものです。

初診のときは激痛で立っていられなかったが、1ヶ月後(2度の施術)には通常の生活を送っています。

本人も痛みは、1〜2割程度と言っているが、痛みがないからと言って、腰の構造が元に戻ったわけではありません。

下記の画像を見ただけでも、左の大臀筋と右の腰部の筋肉が萎縮しているのが一目瞭然。

 

なにもしなければ、いずれ再発する可能性は高いのです。

痛みがなくなったから、それで「はい、終わり」ではありません。そこから、次のフェーズ(運動学習+認知行動療法)が始まります。

このようにアンバランスな状態から、バランスされた状態へと回復させることも、私の仕事の一つ。

最終的には、本人がやりたい事を遂行できるところまで引き上げていきます。

切るべきか切らぬべきか。

個人的にはできるだけ切らずに、工夫しながら共生していくことをお勧めします。

夏休み

夏本番、暑い日が続いていますね。

みなさんお身体の調子はいかがでしょうか?

私は先週1週間お休みを頂き、石垣島に旅行に行ってきました。

B0008486-EC5C-4BED-B0BA-27EE4E01FAAF

石垣島って、台湾まであとちょっとなんですね。

綺麗な海、優しい人たち、美味しいご飯と3拍子揃ったとっても素敵なところでした。

819DE0EC-7B52-443A-9529-0C24B254E23A7F0292EF-ADF8-4C78-9EEA-598EB361E63B

暑い時期に暑い所へ行くのもなかなか良いです。

リフレッシュして真っ黒に日焼けして、今週からまたMARO’Sでお待ちしております!

 

 

お料理教室

こんにちは!

ジメジメとした梅雨真っ盛りですが、みなさんお体の調子はいかがでしょうか?

先日、MARO’Sお隣のbijouさんにお招きいただき、お料理教室に参加してきました。

お料理といっても今回は「フレンチ薬膳」の教室です。

薬膳とは、中医学理論に基づいて旬の食材や中薬(漢方)を組み合わせて作るお料理のことで、

滋養・強壮だけでなく、その季節や人に特有の体調の変化などに対しても良い効果を発揮すると言われています。

その薬膳のフレンチバージョンということで、

スープ・前菜・メインディッシュ・デザートのフルコースに挑戦して来ました。

65BDDB47-AE5B-4F7A-9C5B-CCCF86BAC7A5

220B2726-800B-4AF6-B632-76C63E789A8D

FBD84101-3563-4C21-8DA7-AB203C8A8544

正に今の気候のジメジメを、東洋医学では「湿邪」と呼びます。

名前の通り湿度の高い日が続くことで体内の熱が発散しにくく、

体の中に熱がこもりやすくなります。

汗による体温調整がしにくく、熱中症になりやすい季節でもあります。

みなさんもこまめな水分補給をぜひ心がけてください。

そして水分だけでなく必要な栄養が豊富ないま旬の食材もたくさん食べてください!

 

骨。と、筋肉

こんにちは!

スタッフの山下です。みなさまご無沙汰しております。

 

マロッズスタジオに新入りがやってきました。

2EA16915-F360-4AC9-ADD2-5AFB91C736F8

スケルトン(骨格模型)さんです!

人間は男女で骨格の構造に違いがあり、特に骨盤の形には大きな違いがあります。

こちらのスケルトンは女性です。

実はこの骨模型、通常の模型よりも、より本物の人間に近い動きができるように作ってあります。

自由に動けるように固定が少なく出来ているので、このスケルトンさんはフニャフニャ動きます。

実際の人間の体には筋肉があるので、このフニャフニャを安定させ、バランスをとりながら動くことが出来ます。

骨と筋肉、それぞれがバランスよく働くことで、痛みや余計な負担の少ない動きができます。

また逆に、体のどこかに原因不明の痛みが現れた場合は、このバランスが崩れている可能性があります。

 

スタジオにお越しの際は、ぜひこのスケルトンを触ってみてください。

また、男女の骨格の違いや骨と筋肉の働きについてなど、気になった方はどうぞお聞きくださいませ!

 

暦の上では・・・

おはようございます!

まだまだまだ、寒い日が続いていますが

皆さまお風邪などひいていないでしょうか?

節分も過ぎ、暦の上では春になりました。

マロッズスタジオには今週からあるモノを飾っております。

image

紙でできたお雛様です。

実は、私の母の手作りです!

・・・先日はじめて知ったのですが、

雛人形の並べ方は関東と関西で違うそうです。

向かって右にお雛様、左にお内裏様と並べるのが関東スタイル

その逆に右にお内裏様、左にお雛様と並べるのが「京雛」と呼ばれる

関西スタイルだそうです。

ちなみにスタジオには関東、我が家には京雛が飾ってあります。

スタジオにお越しの際は、ぜひチラッと雛人形を眺めてあげてください。

 

雪かきとヒップヒンジ

おはようございます!

 

昨日から東京はじめ関東には、久々に雪が積もりましたね。

我が家の近所も一面の雪景色になり、雪に慣れていない私はちょっとウキウキしながら家路につきました。

さて、一夜明けて本日、

MARO’Sスタジオ周辺にもまだたくさん雪が残っています。

5DC1C4DE-6519-4D47-8525-291BF9683C8D 788F79F5-CA25-4D3D-B793-1F4A35DA662F

凍って滑りやすくなっていますので、お出かけの際は十分にお気をつけください。

大量の雪かきをする方も多いと思います。

こんな時はぜひとも「ヒップヒンジ!」

%e3%83%87%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%83%97%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%af%e3%83%83%e3%83%883-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc%e3%83%87%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%83%97%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%af%e3%83%83%e3%83%882-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

腰を丸めるのではなく、股関節を折りたたむように屈みます。

ちょこっとやってみてください!

 

こんにちは!

昨日も今日も、寒いですね。

もうすっかり冬です。

寒くて縮こまってしまうような季節ですが

MARO’Sのセッションルームの窓からは、椿の花が元気に咲く様子が見られるようになりました。

AE0FCEA5-C9EE-48BD-AF20-BF99FFE8D06A

椿の木のとなりでは、別の木が花のつぼみを日に日に大きくしています。

6263F8FE-A90F-4634-BB97-7789BF473093

つぼみは放っておくと鳥に食べられてしまうので、

これから無事に咲くまでは、飛んでくる敵を追い払うという攻防戦が始ります。。

 

みなさま、春先にきれいな花が咲くのを楽しみにしていてください!

 

 

一年。

こんにちは!
マロッズスタッフの山下です。
みなさまお久しぶりです。

 

しばらくブログ更新をしていない間に誕生日を迎えて30代へ突入し、

そして本日10月27日で、私が初めてマロッズスタジオを訪れてから1年が経ちました。

 

年齢を重ねるごとに時の流れを早く感じるようになってきましたが、
「一年」といえば、生まれたての赤ちゃんであれば
首が座り、寝返りを打ち、ハイハイをして、自分の足で体を支えられるようになります。
ものすごい成長ですね。

生まれたばかりの頃のように五感で感じる全てのことが真新しくて、毎日音が聞こえるくらいにメキメキ成長しているわけではありませんが、
大人になっても赤ちゃんに負けない位の成長率を維持したいものです。

見て・聞いて・触って...五感をフル活用して、感性豊かなトレーナーになれるように、

これからも様々なことに挑戦していきたいと思います!

IN & OUT

こんにちは!

先日、母校の専門学校で講師の仕事をさせて頂きました。

人に何かを伝えたり教えたりするのはとてもエネルギーのいることですね。

それでも今まで得てきた情報をアウトプットすることで、

自分にとっての再学習にもなり、とても貴重な経験をすることができました。

 

ところでみなさん、

「頭では分かっているつもりだったけど上手く説明ができない」

経験はありませんか?

それはもしかしたら、自分へのインプットと相手に対するアウトプットにギャップがあるからかもしれません。

説明というアウトプットをする時には、その前に正しく十分な情報のインプットが必要です。

思うような説明(アウトプット)が出来ない場合、情報のインプットが不十分な可能性があるのです。

 

実はこれは、身体にも同じことが言えます。

私たちは常に視覚や触覚などの様々な感覚から「いま、身体がどのような状態にあるか」という情報を得ています。

その情報を元に、無駄なく・痛みなく・より安全に身体を動かしています。

転ばずに歩くことができるのも、この無意識で行われるシステムのおかげです。

この場合、インプットに当たるのは「様々な感覚」で、アウトプットは「運動」です。

・・・ではこのシステムにエラーが出てしまったら?

もしも感覚のインプットに何かしらのエラーが起きると、それを元に行われるアウトプットにもエラーが起きてしまいます。

つまり、「正しい運動」も出来なくなってしまうのです。

よく「正しい運動」や「正しい姿勢」という言葉を聞きますが、

今現在のみなさんの姿勢や運動フォームは、感覚のインプットを元に作られています。

このインプットセンサーの精度を良くすることで、自然と今よりも無理のない姿勢や運動が出来てきます。

IMG_2937IMG_2939

写真は足元からのインプット(足裏からの感覚情報)を正しく脳に伝え、転ばないようにアウトプット(バランスをとる)というトレーニングの風景です。

ご家庭でぜひ、開眼立ちと閉眼立ち・両足立ちと片足立ちをして比べてみてください。

みなさんはインプットとアウトプット、上手に出来ていますか??

 

夏休み

こんにちは!

もうすぐ9月といえどもまだまだ暑い日が続きますね。

みなさんお体の調子はいかがでしょうか?

 

私は8月の半ばにお休みをいただき、ちょっとした旅行へ行ってきました!

まずは、念願の富士登山。

IMG_2778

と、いっても登山当日はお天気がよろしくなく、終始雲に囲まれて。。。

そして登山というのは実は、登ることよりも下ることの方が辛かったりするのです・・・

無事に帰って来ることができましたが、富士山に負けない丈夫な身体を作らなければと思いました。

残念ながら夢のご来光を拝むことも出来なかったので、また来年、鍛え直して再チャレンジしたいと思います!

 

そしてもう一つ、

ラグビーの合宿帯同に、長野県の菅平高原へ行ってきました。

IMG_2850

スポーツ選手の夏は、暑い気候を逃れて湿度も気温も低い高地でトレーニングを行うことが多いです。

こちらはお天気に恵まれて、かんかん照りの中、ラガーマンたちと一緒にだいぶ日焼けをして帰ってきました。

 

1週間という長い夏休みをいただき、身も心もリフレッシュしてやや黒くなってマロッズスタジオに戻ってきております!

今後ともよろしくお願い致します。