IMG_6108

上手にしゃがむコツ

〜しゃがむ〜

ヒトは生まれて10ヶ月もすると、誰に教わることもなく、完璧なフォームでしゃがみ、立ち上がれるようになります。
しゃがむ動作は最も大事な動作パターンであり、出来ることなら死ぬまで維持したいものです。

しかしながら、大人になると踵が床に接地した状態で、しゃがめなくなってしまいます。
しゃがむと直ぐに踵が浮いてしまうか、上体が過度に前傾してしまうケースが多く見られます。

運動指導者として考えるべき事は、深くしゃがめないクライアントに、バーベルを担いでスクワットさせる必要があるのか、ということです。
「スクワットやデットリフト、ベンチプレスは大事だから」と、盲目的にやらせてしまう指導者もいますが、ナンセンスです。
筋力アップのためのエクササイズは、適切な動作パターンの習得をしてからのステップだからです。

ウェイトトレーニングの種目には、日常生活やスポーツに反映できない「エクササイズのためのエクササイズ」が沢山あります。
頑張ったことのメリットは、「その種目」が得意になるだけで、動きが鈍臭くなってしまう場合も多い。

さて、上手にしゃがむ、もしくはスクワットするために、先ずやるべきことは、脳にエンド・ポジションを覚えさせることです。
「あ、このカタチに収まれば良い」のだと。これは全ての種目に該当することです。

リバース・パターニング・スクワットと言いますが、椅子や柱につかまって、安定した状態で深くしゃがんでみる。
ある人はスタンスを広くとる必要があるかも知れませんし、つま先を15度以上開く必要があるかも知れません。
誰かが作った「スクワットのルール」に従うことよりも、自分が快適にしゃがんでいられるスタンスの方が大事です。

つかまって深くしゃがみ、少し踵に荷重して感覚を入れたら、下腹・脇腹を張らせて4〜5呼吸する。お手本は、相撲の蹲踞。
立ち上がる時は、踵で床を真下に押しながら、頭を真上に運ぶように意識する。

立ち上がったら、「さっきのカタチ」に戻るだけです。脳がエンド・ポジションを理解していると、驚くほどスムーズにスタート・ポジションに戻ります。
動作の途中でアドバイスする必要がないくらい、脳が姿勢と動作を適確にコントロールしてくれます。

スクワットが上手くできない方、つかまって楽にしゃがめるスタンスを見つけることからトライしてみて下さい。IMG_6108

健康への航海図

おはようございます!

ジメジメと本格的に梅雨、ですね。

 

突然ですが、PDCAサイクルをご存知でしょうか。

ビジネスにおいてよく耳にする、アレです。

P Plan(計画)

D Do(実行)

C Check(評価)

A Action(改善)

 

マロッズでのセッションも、このような順を追って進めていきます。

IMG_2177

実際には一番初めにお身体の状態を評価する「Check」が入りますが、セッションの流れとしてはこのような順に行います。

IMG_2188

まずは皆さまにご自身の身体の状態を知って頂き、今の状態から目標へ向かって行く地図(計画)を作成します。

理想の自分へ向けての航海スタートです。

IMG_2217

PDCAサイクルを繰り返しながら一歩ずつレベルアップしていきますが、目標への道中は何よりも「楽しく」です!!

 

スタジオで身体を動かしてみると、

「あれ、私ってこんなに動けるのか!」

「え、意外と難しい・・・」

というような新たな発見もあり、エクササイズにハマってしまうかもしれませんよ!

未知の自分に興味がある方は、ぜひマロッズへお越しくださいませ。

 

引き出し

IMG_4541

一つのメソッドで全てをカバーすることは、ほぼ不可能です。
患者さんのニーズと症状に応じて、常に最適なアプローチを模索しながら進めていきます。
鍼治療も沢山あるカードの中の一つ。
優れた専門家にとって、引き出しの数が多いことは大事ですが、手段・方法を適切に選択する能力も等しく重要です。

IMG_4407

ハムストリングスの重要性

IMG_4370

スクワットで上体が過度に前傾してしまう人が大勢います。前脛骨筋や広背筋のタイトネスの改善に取り組むよりも、ハムストリングを収縮させて、少し骨盤を後傾位に保つことを身につけてもらえば、誰でも見事なフォームでしゃがめるようになります。

スクワットで腰を痛めてしまう人は、下腹部と脇腹を膨らませて硬くするブレーシングが出来ていないか、動作中にハムストリングスを働かせていない可能性が大です。
自重のみでしゃがめない人が、バーバルを担いでスクワットをするのはナンセンスであり、自ら腰痛になっているようなものです。

日常生活においてもハムストリングスを働かせて、骨盤を少し後傾すること+踵に荷重することの重要性は、いくら強調してもし過ぎることはないでしょう。

untitled

止まない進化

今年75歳になられる池田さん。
腰痛改善とフィットネスの向上を目的に11年前に来院。大のスキー愛好家で欧州の山にも、毎年滑りに行かれています。
READ MORE