FMヨコハマ「E-ne!~good for you~」出演

6月7日(水)、14日(水)、21日(水)14時30分頃~14時40分頃 
FMヨコハマ「E-ne!~good for you~」内の『Switch!』というコーナーに出演します。

 アゴで姿勢をコントロールする方法、頚肩部と腰に負担をかけないスタックシッティング、アゴをスムーズに引くための準備的ストレッチなどをご紹介します。

 頭痛、首肩の痛みや凝りでお悩みの方は、是非お聴きください。

E-ne!~good for you

新コースと料金のお知らせ

より多くの方に、マロッズのコンディショニングプログラムを体験して頂きたく、6月1日より新しく4つのコースを新設致しました。

マロッズ新料金表のコピー3 料金表

【初診 カウンセリング/アセスメント/施術】READ MORE

5/29 JFN 「Day by Day」生出演

 明日、5/29日月曜の15:20〜40分までJFNの「Day by Day」に生出演します。
舌先で頚椎を安定させて、動作に伴う痛みを軽減する方法などをご紹介します。
タイミングが合えばお聴き下さいませ。
IMG_5496

舌の位置と首の痛みと安定性

 首を動かした時に痛みや強張りがある人は、首を動かす前に、口を閉じて舌先を口蓋(上の歯の裏側)に押し当てておきましょう。

舌を動かす筋群は、舌骨を介して様々な方向から付着していますが、舌先を口蓋につけることによって、頚椎の関節をサポートする深層筋が働きます。

たったこれだけの事で、首を動かした時の痛みと不安感が和らぎます。

試しに、開口して舌を緩めた状態にして、掌でおでこを押したときと、閉口して舌先を押し当てた状態でおでこを押したときの、頭と首の安定感と抵抗力を比べてみて下さい。

さらに、閉口して舌を押してた状態では、頭部を前に出そうとしても、動かないことに気づくはずです。
つまり、万病の元であるヘッドフォワードポスチャーを予防して、全身的な不調の予防・改善に役立つという事です。

コンタクトスポーツをしている方は勿論のこと、ゴルフやテニスなど上半身を素早く回転させるスポーツをされている方も、プレー中は閉口して舌先を押し付けておく癖をつけましょう。

PCやスマホを操作しているときも同じです。
8kgちかい頭の重さを長時間支えて、首肩への負担を軽減するためには、軽く頷いて、舌先の位置を固定しておくことが大切。

アゴトレには、自分の首を守る為に必要な情報とスキルが沢山載っています。
些細な事でも継続していると、明らかな違いがでます。

DVDは61分ありますが、全部見る必要はありません。
症状ごとに種目が分類されているので、御自分の症状に合わせて選択的にご覧下さい。

頭痛・首肩の痛みと強張りを動かしながら治す アゴトレ amazon

※知人から届いた画像

IMG_5104

勉強会

IMG_5071

当スタジオでは毎月2回、外部から講師をお招きして高度な運動療法のアップデートをしています。

専門家にとって生涯、学び続けていく覚悟とモチベーションを保つことが何より大切。
自分の仕事を「好き」でいるためには、とにかく勉強し続けることだと思います。

教わったことを日々のルーティンに落とし込めるか否かは、各自の努力とセンスによりますが、どんどん新しいことにチャレンジして参ります。

引き出し

IMG_4541

一つのメソッドで全てをカバーすることは、ほぼ不可能です。
患者さんのニーズと症状に応じて、常に最適なアプローチを模索しながら進めていきます。
鍼治療も沢山あるカードの中の一つ。
優れた専門家にとって、引き出しの数が多いことは大事ですが、手段・方法を適切に選択する能力も等しく重要です。

333BBE4D-220B-4B6A-A884-3BE8D82DACE3

呼吸と姿勢と痛み

呼吸への介入で自律神経の働きが変わります。
副交感神経にスイッチが入ると、脳の働きが変わり、自然と姿勢が整います。

B8A70895-4CBE-46B2-BF48-0C162DB924AB

C71F5C9A-424B-4878-9DDF-95E542ED822A


介入前の呼吸


介入後の呼吸

今までアレコレやっても前のめりの姿勢と、首や肩凝り、腰痛が改善しなかった人たちが、呼吸のエクササイズでコロッと変わる様子を、毎セッション後に見ています。

AAE0BBB7-5217-4977-984B-A07342FD5A47

333BBE4D-220B-4B6A-A884-3BE8D82DACE3

1581D5F9-D6DD-423F-A1B4-4D5F688564FE

主に上部胸郭で呼吸していた人が、横隔膜を使った呼吸に変わったとき、体の背面の筋緊張が緩和して、寛骨の過度な前傾と腰椎の前弯が改善されます。
そして、股関節や肩関節の可動域も大幅に改善します。

84353F65-2D5E-4FE1-BC9A-9D27A3F8ED09

6CB0DF82-7771-4EDB-94F3-F21B092E5EE2

先ずは呼吸から。
呼吸が変われば姿勢が変わる。
姿勢が変わると機能と痛みが変わる。

この先に拡がる可能性を強く感じるこの頃。
これからも精進致します🙇🏻

腹腔内圧と体幹の安定

85歳の加藤さん。
今朝は、ブレーシングしてIAP(腹腔内圧)を高めた状態でのローリングにトライ。
下腹と脇腹をパンパンに張らせておかないと、コアの安定性・支持力が低下して、骨盤と胸郭に捩れが生じます。
息を止めずに、ドラム缶になったつもりで回転することがポイント。