08BE44D2-296A-4E31-92E3-6F0C994CFB85

病院で病人になる

本日は、秋田県から81歳の男性が来院されました。
右脚の股関節に先天的な問題があり、長い間、痛みと機能障害に悩んでこられたそうです。

医師からは、「これ以上の事を望むなら、人工股関節の手術しかない」と言われたとのこと。
似たような話を、患者さんたちから山という程聴かされます。

手術など絶対にしたくないと断り、ご自分で色々とリサーチしていたときに、拙書「腰痛はアタマで治す」を購入され、マロッズの事をお知りになられたそうです。

自分で何をすれば良いのか教えて欲しい。
そのアドバイスを求めて、遠路はるばる4時間半かけて来院されました。

本質的な原因は、股関節ではなく足部のアライメントにありました。足関節の回外を修正すると、脊柱の側彎も消失。
大腿直筋と中間広筋の拘縮と癒着を改善すると、股関節のモビリティ、スタビリティが大幅に向上しました。

IMG_7218

※当たり前の話ですが、姿勢も改善します。
IMG_7209

IMG_7208

最後に、歪みのパターンから抜け出す為の、ホームエクササイズを指導して終了。

「こんなに動くようになるものなんですね〜。 いゃ、来てよかったなぁ」、そう仰ってお帰りになられました。

全国には、「不要な手術」を勧められて、仕方なく受諾してしまう人、メスを入れたら治ると過剰に期待してしまう人が大勢います。
病院で病人にされて、治るものも治らない…決して珍しいことではないはずです。

今後も、手術を勧められている方や、ドクターショップをされている方などを、一人でも多くヘルプできたらと切望しています。

IMG_7132

STORY10月号記事掲載

 本日9月1日発売の女性誌『STORY』に、「不調知らずの姿勢リセット」と題した記事が、掲載されています。P214〜P217

 40代になると、見た目年齢だけでなく、健康面にも大きな差がでてきます。
本誌の読者アンケートでも、肩こりや腰痛を訴える方が多いだけでなく、プロポーションが崩れてきたことを、気にされている方が大勢いました。
 私自身も40歳を過ぎてから、節々の痛みがでたり、治りが悪くなったりしていることを実感しています。認めたくはないけれど、体は正直です。

 様々な要因が、私たちにとって好ましくない変化=老化を促進しているわけですが、なかでも、姿勢と呼吸パターンの悪化は、身体面と精神面の両方に多大な悪影響を及ぼします。
 姿勢の悪さや呼吸が浅いことを、自覚している女性は大勢いますが、どのように改善すれば良いのか分からない人も、等しく大勢いるようです。

 姿勢と呼吸は、密接に関係しています。
呼吸の仕方に問題があると、反り腰や猫背になるばかりか、慢性的な肩こりと腰痛を招きます。
 姿勢が悪いと呼吸が浅くなり、交感神経が活性化して、常に体が緊張した状態に陥り、いくら寝ても疲れが抜けなくなってしまうのです。
 また、呼吸数と心拍数、血圧、phが上昇して、循環器系の負担も増大します。
 しかしながら、現代人の9割近くの人が、肩を上下させて息を吸う「浅い呼吸」になっています。ハイヒールを常用する女性は、尚更、この傾向が強くなります。
 
 こうした問題を改善するのに、きついエクササイズは必要はありません。
姿勢や呼吸は、頑張っても改善しないのです。
 本企画でご紹介している「4つのキーポイント」を覚えて、時々それを「意識」するだけで、足底や横隔膜 から入力される情報を「脳」処理して、姿勢と呼吸を「自動的」に整えてくれます。
例えば、膝を少し緩めて踵に感覚入力をしてから、膝を伸ばして立つと、太腿の裏側と腹筋群が自動的に働いて、不良姿勢から理想的な姿勢に変わるのです。
 
 ジムに通う時間がない。運動が好きではない。三日坊主で続かない。
そんな方にオススメです。
ウソみたいな話ですが、試せばわかるはずです。

それでは、続きは紙面で。

オトナの遊び

クライアントさん同士でミット打ち。
IMG_7076

強烈なアッパーカットで、アニメの様にミットが吹っ飛び大笑い。
IMG_7077

ここでは、オトナが真面目に楽しんでます。

25998_image_d1

Krush77.日本対中国全面対抗戦 小宮トレーナー出場

 7月16日後楽園ホールで開催されるKrush77.日本対中国全面対抗戦に、66kg級の代表として、小宮トレーナーが出場します。
対戦相手は、中量級最強と称されるチャン・ジェンリャン選手。
 ポテンシャルを発揮して悔いのない試合になることを願っています。

 

Krush77.日本vs中国〜6対6全面対抗線

想いを電波に

IMG_6165
「小中学の体育でかがみ方、しゃがみ方、捻り方を教えたら、日本人の腰痛がなくなる」というメッセージを電波にのせられた事が良かったです。

どの業界でもテッペンに立つ人は、謙虚で強いハートを持っていると思いました。

FMTOKYO 高橋みなみの「これから、何する?」(生)出演のお知らせ

明日28日水曜6:30〜6:40まで、J-wave 別所哲也さんがパーソナリティーを務める「MORNING RADIO」に出演します。

MORNING RADIO
また、6/29 木曜 13:30〜14:10まで、FM TOKYO 高橋みなみさんがパーソナリティーを務めている「これから、何するの?」のベスト3先生というコーナーに出演します。生放送です。

FMTOKYO高橋みなみの「これから、何する?」

タイミングが合えば、是非お聴き下さいませ。

 

 

IMG_6128

仙台に来てます

週末を使ってPRIの医学講習を受けに仙台に行って来ました。
人体の非対称性や呼吸、横隔膜の重要性をPRIの理論によってより深く理解出来る内容でとても有意義な時間を仙台で過ごせました。

IMG_6126 IMG_6127

今回は腰椎骨盤大腿部のことに特化した講習の内容だったので、骨盤周りに問題がみられるクライアントさん達に学んだ内容を実践出来るように、クライアントさん達のお顔やそれぞれの身体の問題点を想像しながら講義を聞いていました。

READ MORE

IMG_6108

上手にしゃがむコツ

〜しゃがむ〜

ヒトは生まれて10ヶ月もすると、誰に教わることもなく、完璧なフォームでしゃがみ、立ち上がれるようになります。
しゃがむ動作は最も大事な動作パターンであり、出来ることなら死ぬまで維持したいものです。

しかしながら、大人になると踵が床に接地した状態で、しゃがめなくなってしまいます。
しゃがむと直ぐに踵が浮いてしまうか、上体が過度に前傾してしまうケースが多く見られます。

運動指導者として考えるべき事は、深くしゃがめないクライアントに、バーベルを担いでスクワットさせる必要があるのか、ということです。
「スクワットやデットリフト、ベンチプレスは大事だから」と、盲目的にやらせてしまう指導者もいますが、ナンセンスです。
筋力アップのためのエクササイズは、適切な動作パターンの習得をしてからのステップだからです。

ウェイトトレーニングの種目には、日常生活やスポーツに反映できない「エクササイズのためのエクササイズ」が沢山あります。
頑張ったことのメリットは、「その種目」が得意になるだけで、動きが鈍臭くなってしまう場合も多い。

さて、上手にしゃがむ、もしくはスクワットするために、先ずやるべきことは、脳にエンド・ポジションを覚えさせることです。
「あ、このカタチに収まれば良い」のだと。これは全ての種目に該当することです。

リバース・パターニング・スクワットと言いますが、椅子や柱につかまって、安定した状態で深くしゃがんでみる。
ある人はスタンスを広くとる必要があるかも知れませんし、つま先を15度以上開く必要があるかも知れません。
誰かが作った「スクワットのルール」に従うことよりも、自分が快適にしゃがんでいられるスタンスの方が大事です。

つかまって深くしゃがみ、少し踵に荷重して感覚を入れたら、下腹・脇腹を張らせて4〜5呼吸する。お手本は、相撲の蹲踞。
立ち上がる時は、踵で床を真下に押しながら、頭を真上に運ぶように意識する。

立ち上がったら、「さっきのカタチ」に戻るだけです。脳がエンド・ポジションを理解していると、驚くほどスムーズにスタート・ポジションに戻ります。
動作の途中でアドバイスする必要がないくらい、脳が姿勢と動作を適確にコントロールしてくれます。

スクワットが上手くできない方、つかまって楽にしゃがめるスタンスを見つけることからトライしてみて下さい。IMG_6108