Our adviser

マロッズのアドバイザー

S__51699715

医療法人社団 藤志会

理事長

斎藤真嗣

米国医師免許ECFMG
欧州臨床腫瘍学会(ESMO)腫瘍内科専門医
米国内科学会
米国感染症学会(Infectious Diseases Society of America)
日本免疫治療学研究会
バイオ治療法研究会
日本抗加齢学会専門医
米国A4M学会専門医
American Anti-Aging Academy of Medicine
欧州WOSAAM学会専門医
World Society of Antiaging Medicine
ポルフィリンALA学会

S__51724369

菅原脳神経外科クリニック

院長

菅原道仁

脳神経外科専門医
体育協会公認スポーツドクター
抗加齢医学専門医

菅原先生のコメント
私は脳神経外科医として、普段は頭痛やめまいの診察をしています。最近とくに増えているのが、猫背などの姿勢の乱れが原因の頭痛やめまいです。長時間のスマホやデスクワークが増えているために姿勢が悪くなっていることが多いので、正しい姿勢を学ぶことが何よりも重要です。マロッズ代表である伊藤和磨先生は、ご自身がアスリートであった経験もあり、「体の仕組み」そして「姿勢」に精通しているので、みなさんの悩みに対して応えてくれます。ぜひ、気軽にご相談してみてください。

IMG_9921

東京医科大学外科医学博士

嶋田善久

腰痛は運動器疾患の中で最も高い有訴率であり、幅広い年齢層で痛みを抱える方がいらっしゃいます。
私がマロッズの腰痛改善メソッドを推奨する理由は、最新の科学的エビデンスと豊富な経験に基づいた全身的アプローチによって腰痛の根本原因を精査し、さらに再発防止にまで及ぶ徹底したプログラムを個人に合わせて提供されているからです。

伊藤先生と私の出会いは高校時代までさかのぼります。伊藤先生がプロサッカーの一線を退き、マロッズを開業、非常に多くの医学書を読み漁りながら最新知識のアップデートを欠かさず、 “腰痛克服”に向けて邁進し続ける姿を見てきました。
腰痛治療の最先端がマロッズにあり、進化し続ける所以だと考えます。

S__51658888

石田歯科クリニック院長

石田亮人

私が人生初の坐骨神経痛に罹患し、5日間痛みと麻痺で苦しんだ末に無理言って治療をお願いする機会がありました。問診・触診・写真撮影検査に加えて重心バランスや骨盤、体軸の傾きなどを計測・数値化することから始まり、その上でノンストップの解説付きで丹念に施術。
再発予防として意識すべきことや体の使い方のレクチャーを行っていただき、施術後痛みは劇的に軽減しました。麻痺に関しても徐々に回復し、今では完全に治癒しています。
「カラダの痛みをなくすだけでなく、再発しないカラダに仕上げていく」
私のセッション経験において、マロッズの掲げる強い信念が間違いなくそこにありました。

S__51699716

杏林大学教授

斎藤昭彦

東北大学にて博士号を取得
学部 理学療法
研究テーマ マニュアルセラピー,クリニカルリーズニング,疼痛マネージメントなど
【主な著書(分担執筆を含む)】
『運動器のリハビリテーション』(エルゼビア・ジャパン),2006
『エビデンスに基づく整形外科徒手検査法』(エルゼビア・ジャパン),2007など12冊

S__51724293

アスレチックトレーナー

杉山 幹

マロッズの運動療法のアップデートを担当

修士 (アスレティックトレーニング)
• 全米NATA公認アスレティックトレーナー(ATC)
• 全米NSCA公認ストレングス&コンディショニングスペ シャリスト(CSCS)
• Dynamic Neuromuscular Stabilization認定Exercise Trainer(DNSET)

 

機能解剖を軸とした腰痛に対する運動療法や疼痛抑制の為のマニュアルアプローチなどをメインに、マロッズ・スタッフへの研修を担当させて頂いています。

S__51724295

アスレチックトレーナー

根城祐介

マロッズの運動療法のアップデートを担当

修士 (アスレティックトレーニング)
• 全米NATA公認アスレティックトレーナー(ATC)
• 全米NSCA公認ストレングス&コンディショニングスペ シャリスト(CSCS)
・POSTURAL RESTORATION INSTITUTE公認トレーナー(PRT)

機能的な体づくりを確実なものにするために、海外の研究機関で効果と安全性が実証されている運動療法プログラムを、スタッフさん皆さんに指導しています。