道具http://www.maros.jp/wp-admin/post.php?post=24328&action=edit&tgmpa-dismiss=dismiss_admin_notices&_wpnonce=33035f8a3f

 職人にとって道具は、手の一部。
この度、20年間使い続けてきた陶器の治療具を、家具職人の松岡茂樹氏(KOMA代表)に木で作って頂いきました。
さすがの見事な出来栄え。
image
 飛ぶ鳥を落とす勢いの松岡氏は、東京オリンピックの記念館に設置されるオブジェも制作しているそうです。
image
 職人になるまで1万時間を要し、匠と呼ばれるまでには6万時間かかると言われています。
これまで人体に触れてきた時間をざっと計算したら、7万4千時間を超えていました。
でも、自分は職人や匠にはなれない。
生涯、貪欲な学生で貫きます。
 縁があった人たちを痛みから解放するために、この道具を引退するまで使い続けていく。
 この先も、これひとつで大きな変化を起こしていきます。