4A8147A3-6654-48BC-90D5-B29453A4A339

痛みとうつ

今週9月10〜16日は、厚労省が定めた自殺予防週間。
昨日は、日本財団ビルで社団法人リヴオンの尾角代表にゲスト講師として御招き頂いきました。

テーマは、「死にたいの奥にある声をきく」
自分は「うつに呼吸と姿勢から取り組む」ことの可能性と効果について、体験談をもとにお話しました。

B0F89777-0F46-4490-9B13-BE5BFCCEF826

これまで60企業で、メンタルヘルスに対するフィジカルケアの重要性を説いてきました。
心と体の問題を分けて捉えている心療内科医と産業療法士、一般の人に大変多いのだが、その考え方とアプローチでは根本解決には至らりません。
心を納めている器が体であり、一体になったものが「身」だからです。

9F8FDDCE-C5A2-4C51-A305-AA202BE3DBD6

18年間で延べ4.2万人の患者を診てきましたが、たかが腰痛、たかが頚の痛みであっても、慢性化すると心が疲弊して折れてしまうだけでなく、自尊心が保てなくなります。
痛みのトラウマが本来の姿勢と生活動作フォームを破綻させ、非効率な体の使い方が脳にインストールされてしまいます。
これが腰痛を再発させる負のループを形成し、痛くて休職→復職→休職→離職のパターンを繰り返すことになります。
「私だって痛むときはあるけど、頑張っているのよ」と、周囲の人たちに言われるようになる。職場でも家庭でも理解されず孤立していきます。

FB4D1CE6-8ED8-4250-8B16-2730E6C6B607

長引く痛みで生活が壊され、死にたいと考えている人と、どれだけ会ってきたことか。
それでも、体を痛める姿勢や動作の癖、貧しい呼吸を改善する方法を会得して、自力で痛みを予防してコントロールできるようになると、誰もが元の輝きを取り戻します。

これは腰に限ったことではなく、全身の不調に当てはまること。
例えば、新型うつと呼ばれる首や肩の凝りに起因したうつ的症状は、椅子の背もたれの縁を活用して、後頭部と頚の間にある後頭下筋群をほぐすだけで大幅に改善できます。
こんな些細なセルフケアだけで、感情と自己を定位する感覚が蘇り、フラつきやめまい、浮遊感、目の奥の痛みが改善できるのです。

78D1D42F-AE93-470F-A5B8-5C9A4B2D47A3

心が病んでいるからうつになるのではなく、体が疲れきって許容量が小さくなっているから、うつになってしまうのではないか。自分はそう考えています。
心を元気にさせるためには、心の器である身を元気にさせることから始めるのが道理でしょう。

昨日は参加者の方々に、地に足をつけること、呼吸のデトックス効果を体験してもらいました。

10本の指で救える人数は限られているので、今後も執筆や講演を通じて、出来るだけ多くの人に、自分の体を労わることが、心と魂の癒しになることを伝えていきたいと思います。