スクリーンショット 2017-09-22 17.50.11

雑誌 女性自身 予約が取れない人気ゴッドハンドが教える”誰でもできる健康法 簡単裏ワザ

 本日、雑誌 女性自身のweb上で、「予約が取れない人気ゴッドハンドが教える”誰でもできる健康法 簡単裏ワザ」というコーナーに記事が掲載されました。3回の連載で、腰痛のセルフケアと、腰を傷めない股関節の使い方にスポットを当てています。

女性自身 予約が取れないゴッドハンドの健康法&裏ワザ

これまでは、どんなメディアであれ紹介されるときに「カリスマ」や「ゴッドハンド」といった、胡散臭い冠を付けられることを拒否してきました。
如何にも胡散臭くて安っぽいし、はばったいから。
本企画に限っては、「読者に有益な情報を発信する」という主旨がしっかりとしていて、ブレていなかったので、オファーを受諾しました。
腰痛の根治は、受け身だけでは不十分です。
 
 腰に持続的かつ過大なストレスを与えている不良な姿勢と、誤った動作パターンを改善しない限り、根治と再発リスクを0に近づけることはできないのです。
殆どの慢性の腰痛患者は、1日の大半を腰を丸めて過ごしています。座っているときも、屈んで用事をするときも、物を持ち上げるときも…。
この腰部を支点にした動作パターンを、出来るだけ早期に見直して、背骨のS字を維持したまま、出っ尻で屈む「ヒップヒンジ」を、脳に刷り込む必要があります。

 逆に言えば、ヒップヒンジをマスターして、生活動作に組み込めたら、少なくともギックリ腰には二度となりません。

 今回の企画では、ヒップヒンジのやり方から始まり、腰に負担を集中させない座り方、椅子から安全に立ち上がる方法など、日常生活で直ぐに活かせる事だけに絞って紹介しています。
予防医学的な意味も含めて、腰痛の自覚症状がない方にもオススメです。