333BBE4D-220B-4B6A-A884-3BE8D82DACE3

呼吸と姿勢と痛み

呼吸への介入で自律神経の働きが変わります。
副交感神経にスイッチが入ると、脳の働きが変わり、自然と姿勢が整います。

B8A70895-4CBE-46B2-BF48-0C162DB924AB

C71F5C9A-424B-4878-9DDF-95E542ED822A


介入前の呼吸


介入後の呼吸

今までアレコレやっても前のめりの姿勢と、首や肩凝り、腰痛が改善しなかった人たちが、呼吸のエクササイズでコロッと変わる様子を、毎セッション後に見ています。

AAE0BBB7-5217-4977-984B-A07342FD5A47

333BBE4D-220B-4B6A-A884-3BE8D82DACE3

1581D5F9-D6DD-423F-A1B4-4D5F688564FE

主に上部胸郭で呼吸していた人が、横隔膜を使った呼吸に変わったとき、体の背面の筋緊張が緩和して、寛骨の過度な前傾と腰椎の前弯が改善されます。
そして、股関節や肩関節の可動域も大幅に改善します。

84353F65-2D5E-4FE1-BC9A-9D27A3F8ED09

6CB0DF82-7771-4EDB-94F3-F21B092E5EE2

先ずは呼吸から。
呼吸が変われば姿勢が変わる。
姿勢が変わると機能と痛みが変わる。

この先に拡がる可能性を強く感じるこの頃。
これからも精進致します🙇🏻