IMG_4407

ハムストリングスの重要性

IMG_4370

スクワットで上体が過度に前傾してしまう人が大勢います。前脛骨筋や広背筋のタイトネスの改善に取り組むよりも、ハムストリングを収縮させて、少し骨盤を後傾位に保つことを身につけてもらえば、誰でも見事なフォームでしゃがめるようになります。

スクワットで腰を痛めてしまう人は、下腹部と脇腹を膨らませて硬くするブレーシングが出来ていないか、動作中にハムストリングスを働かせていない可能性が大です。
自重のみでしゃがめない人が、バーバルを担いでスクワットをするのはナンセンスであり、自ら腰痛になっているようなものです。

日常生活においてもハムストリングスを働かせて、骨盤を少し後傾すること+踵に荷重することの重要性は、いくら強調してもし過ぎることはないでしょう。